不眠症は改善できる!30代男性の眠れない悩み解決法

 

 

 

はじめまして、当サイト管理人の長瀬といいます。
(写真の人物は私ではありません)

 

 

サイトへのご訪問ありがとうございます。

 

 

このサイトにたどり着いたということは、
今現在、あなたも眠れないつらさに悩んでいるのかもしれません。

 

 

またはご家族に、不眠の症状で困っている人がいらっしゃるのかもしれませんね。

 

 

このサイトでは、数年間のあいだ不眠症に悩まされた管理人が、不眠症について調べたことや、試してみた改善の方法について書いています。

 

 

 

このサイトを読んでもらいたいのはこんな人

 

私はありがたいことに、あるきっかけをつかむことで眠れない日々を抜け出すことができました。

 

 

今では毎日6時間以上、しっかり熟睡してから、仕事に向かうことができています。

 

 

ほかの病気もそうでしょうが、不眠症というのも経験した人でないと、そのつらさはわからないもの。

 

 

特に・・・

 

 

「それまでは問題なく眠れていたのに、あるタイミングから急に眠れない体質に変わってしまった」

 

 

という、私と同じ経験をしている人はなおさらではないでしょうか?

 

 

眠れない症状によって肉体的、精神的に追い込まれる、そんな日本人は増え続けているといいます。

 

 

ただ、私には “私が経験したこと” “見聞きしたこと” “勉強したこと” 以外は伝えることはできません。

 

 

日本国民全体の不眠症の悩みのことを考えて!・・・などと言えばカッコイイのかもしれませんんが、無理なのでやめておきます(^^;

 

 

『長期間にわたって、夜眠れないことに悩みながらも働いている30代の男性会社員』

 

 

このサイトでは、上記のような人に役立ててもらえるための情報をお伝えしていきたいと考えています。

 

 

“上記のような人” つまり、以前の私と同じ悩みを抱えて苦しんでいる人のことです。

 

 

そんな人にだったら、私の不眠症についての経験談も参考にしてもらえるのではないか?と考えています。

 

 

 管理人が一番効果を感じた不眠症改善方法

 

  • 夜、ベッドに入ってからもなかなか寝付けず、明日の仕事に影響しないかとイライラしてしまう
  •  

  • 眠りに入るまでに少なくとも30分、ひどい時には2時間以上かかってしまう
  •  

  • 熟睡している気がしない、眠りが浅く頭も体もスッキリしない

 

以上が、私の身に降りかかってきた睡眠障害の症状です。

 

 

これに似た症状で悩んでいる人。

 

 

でも「病院治療や睡眠薬に頼ることなく改善したい」

 

 

そう思っている人に試してみてほしいのが【マインドガードDX】です。

 

 

マインドガードDXはドリンクタイプのサプリメントになります。

 

 

 

マインドガードの詳細はこちら

 

 

不眠症改善のためのサプリメントというのは、マインドガードのほかにもたくさん種類があります。

 

 

ドラッグストアでも見かけますから、眠れなくて悩んでいる人なら一度は気になったことがあるかもしれませんね。

 

 

私は今までに15種類以上の不眠サプリを試してきました。

 

 

そのうち効果を感じられたものは、ほんの数種類。

 

 

なかでも「これを飲んだから眠れるようになった」と、はっきり実感できたのはマインドガードだけです。

 

>>管理人がマインドガードDXを体験した感想

 

 

管理人がマインドガードが優れていると感じるポイント

  • 快眠成分「セロトニン」の分泌を助けるトリプトファン・グリシン・クワンソウエキスといった天然の睡眠成分“豊富に” 配合
  •  

  • 無農薬の天然素材でできているので安心して飲める
  •  

  • ドリンクタイプなのでカプセル・錠剤よりも体への吸収率が高い

 

 

 

 

転職がきっかけで不眠症に

 

 

不眠症になる前の私は、快眠・快便・食欲旺盛、健康の不安なんて一切感じたことのない、そんな男でした。

 

 

会社の仕事は忙しく、ほぼ毎日残業していたので、日常的に疲れは貯まっていましたが。

 

 

それも、しっかり食べて熟睡すれば次の日には回復していたので、特別問題に感じたことはなかったですね。

 

 

そんな私が心のバランスの安定を失うようになりそれが体にも影響してきたのを感じだしたのは33歳のときでした。

 

 

きっかけは転職したことです。

 

 

とある理由から10年以上勤めた会社を辞めて、異業種に転職。

 

 

転職活動自体はスムーズに運んで、希望の会社に移ることができたので満足していたのですが。

 

 

新しい会社に勤めだして2ヶ月目、なんだか寝つきが悪い・・・そんな夜が始まってしまいました。

 

 

焦るほどに眠れなくなる・・・

眠気は感じているのに、ベッドに入っても悶々とするばかりで、時間だけがどんどんと過ぎていく。

 

 

昼間に忙しく働いて、体も疲れきっているのに眠ることができない・・・。

 

 

しかもそれが連日だったので、ベッドの中でイライライライラし通しでした。

 

 

次の日に大事な仕事が控えているという夜には

 

 

「寝不足のまま仕事して、ミスでもしたらまずいんだけど・・・」

 

 

などと考えて不安になり、眠ろう!寝なきゃ!と相当焦っていた記憶があります。

 

 

でも、焦っても頑張っても、眠れないものは眠れません。

 

 

むしろ “眠らなきゃいけない” と思うほどに、安眠からは遠ざかっていた気がします。

 

 

新しい環境に慣れようと気を張って頑張っていた矢先、まさか自分が不眠で悩むことになるなんて想像もしていませんでした。

 

不眠症の影響で起こる心と体の変化

 

 

思いつく不眠症対策は試してみた

 

 

夜寝れないせいで朝がだるい、仕事にも集中しきれないという、本格的にまずい状態になっていました。

 

 

とにかく眠れないこの状況をなんとかしなければと思い、いろんなことを試しましたね。

 

 

リラックスできるように寝る前に嫁さんにマッサージしてもらったり、寝酒を飲んでみたり、iPodでヒーリングミュージックを聴きながら横になってみたり・・・・。

 

 

このほかにも、寝つきが良くなりそうなことは思いつく限りやってみたものの、これといった効果はなし。

 

 

仕方なく家から一番近くにある心療内科を受診することにしました。

 

 

もともと病院嫌いな私にとっては、まさに仕方なくです(>_<)

 

 

それに「もしかして、うつ病とか言われるんじゃない?」という心配もあったので、病院に行くのは避けていたんです。

 

不眠症とうつ病の関係性

 

不眠症は何科の病院で診てもらう?

 

 

睡眠薬は効果アリ でも使い続けるのは・・・

病院で検査を受け下された診断の結果は、やっぱり予想通り不眠症。

 

 

うつ病や適応障害の傾向はとりあえず見られないとのことだったので、その面では安心しました。

 

 

病院では、寝付きをよくするための睡眠薬を処方されて帰りました。

 

 

この睡眠薬は確かに眠れる効果がありましたね。

 

 

医者に診てもらったという安心感もあったとは思いますが、ゆっくり眠れる日が増えたので、ほっとしました。

 

 

ただ、睡眠薬を飲んだ次の日、日中に足がふらついてドキッとしたことが何度かあります。

 

 

頭痛が出たこともありました。

 

 

最近の睡眠薬は副作用の心配が少ないとは言われていますが、長く飲み続けると離脱現象も出るといいますし、やっぱり薬に頼り続けるのは怖い面がありますね。

 

睡眠薬の危険性 | 薬なしで不眠症を改善するには

 

 

30代男性にとってベストな不眠症対策は・・・?

病院や睡眠薬に頼ることなく根本的に不眠症を改善するなら、ストレスを減らしたり、体質を改善することが必要です。

 

 

でも正直、会社で働く30代の男なら、仕事のストレスは少なからずあるものだと思います。

 

 

そんな前提を踏まえて、30代ビジネスマンが不眠症対策するなら・・・

 

 

極力ストレスを溜め込まないように気をつけながら

 

不眠症サプリメントなどを取り入れて対策していくのがベスト!

 

 

というのが私のたどり着いた結論です。

 

 

不眠症の改善・対策として効果のある、そんなサプリメントを発見することができたからこそ出た結論ではありますが。

 

 

 

このサプリもオススメです

 

イチオシのマインドガード以外にも、つらい不眠症状を和らげてくれたサプリメントがあるのでご紹介します。

 

 

【潤睡ハーブ】

 

 

潤睡ハーブの詳細はこちら

 

【潤睡ハーブ】は天然由来の植物成分(必須アミノ酸・発酵ギャバ・ラフマエキス・クワンソウ)を豊富に配合した高い素材力が魅力です。

 

 

特に、良質なアミノ酸「クロレラ」が入っていることに注目。

 

 

安眠成分トリプトファンなどの必須アミノ酸は全部で9種類あり、その全てが揃っていないと体に上手く吸収されません。

 

 

クロレラは、その9種類が全て含まれた高品質なアミノ酸なのですね。

 

私が潤睡ハーブを選んだきっかけは、ほかの不眠症サプリよりもお値段が控えめだった・・・

 

 

つまり安かったから試したのですが(^^;

 

 

これが思いのほか(失礼!)私には合っていました。

 

>>潤睡ハーブの口コミ体験談

 

 

不眠症になると「どうせ今日も寝つきが悪いんだろうな・・・」と考えてしまって、寝ることに不安を覚えてしまいませんか?

 

 

せっかくのリラックスタイムなのに、本当にもったいないです。

 

 

私はそんな状態になってから、潤睡ハーブを飲むようになったのですが、心のモヤモヤが薄まっていくのを感じました。

 

 

おかげでスッと入眠できる回数が増えてくれて、ありがたかったですね。

 

 

もっと自分に合っているマインドガードを知ってからは飲まなくなったものの、人によっては潤睡ハーブのほうが良いと感じる人もいると思います。

 

 

まずはお試し!がしやすい値段ですし、この手の商品には珍しく10日間の返金保証がついているので安心感も高いですよ。

 

不眠症サプリメントってどんなものか?と気になっている人は試してみる価値があるはずです。

 

 

 

追加情報として・・・

 

実はマインドガードDXには、粒タイプも存在します。

 

 

マインドガードDX 粒タイプ

 

マインドガードDX(粒タイプ)の詳細はこちら

 

ドリンクでも粒でも、配合されている有効成分については変わらないので、好みで選んでしまって問題はないです。

 

 

ドリンクタイプは飲むのに支障はないものの、原液のままだと美味しくはありません(個人の感想)。

 

 

私は果物ジュースで割って飲むことが多いですが、粒タイプならそんな手間はいらないですよね。

 

 

そして粒タイプは持ち運びしやすいので、外出先で飲みたいという場合にはうってつけです。

 

 

出張の多い男性などは重宝するのではないでしょうか?

 

 

マインドガード粒タイプのデメリットとしては、ドリンクタイプよりも若干お値段が高いことが挙げられます。

 

 

 

私が睡眠薬に頼らずに不眠症を解消できたのは、マインドガードのおかげです。

 

 

「睡眠薬を飲まなくても、ぐっすり眠れるようになりたい」

 

 

そんな人にオススメしたい不眠症サプリメントです。

 

 

マインドガード(液体)の詳細はこちら

 

 

 

 

30代は眠りにくくなる年代

 

 

30代の男性の中には

 

 

「10代〜20代のころに比べて、ぐっすり寝ることができなくなった」

 

 

と感じている人もいるのではないでしょうか?

 

 

人間の体が年齢とともに変化するように、睡眠の質も年代ごとに変わっていくと言われています。

 

 

レム睡眠ノンレム睡眠という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

 

ごくごく簡単に説明すると

  • レム睡眠   = 浅い眠り
  • ノンレム睡眠 = 深い眠り

ということになります。

 

レム睡眠とノンレム睡眠について

 

 

そして、ノンレム睡眠のなかでも、特に深い眠りとされているのが「徐波睡眠」と呼ばれるものです。

 

 

睡眠中には、損傷した神経細胞や遺伝子の修復、それから成長ホルモンの分泌などの人間の体に欠かせない活動が行われています。

 

 

その活動が主に行われるのが、徐波睡眠に入っているタイミングだということです。

 

 

徐波睡眠が十分に取れないままだと、精神系の修復が追いつかなくなって、老化が進みやすくなるとも言われています。

 

 

睡眠不足になると老けやすくなるということなんですね。

 

 

その上、30代から40代にかけて、この徐波睡眠は次第に減っていくそうです・・・。

 

 

30代は深い眠りが取りにくくなってくる、そんなお年頃なんですね(^^;

 

 

30代はまだまだ若い!なんでもできる!

 

と思いたいところですが、睡眠の面での加齢もすでに始まっている、という現実があるいうことです。

 

 

 

眠りにとらわれすぎないことも大切

 

 

私もそうだったのですが、眠れない日が続くようになると不安感がどんどん増してきます。

 

 

「このままずっと眠れない日が続くんだろうか?」

 

「重大な病気にかかっているのでは?」

 

「寝不足で仕事に影響が出たらどうしよう・・・」

 

 

睡眠が取れないことで起こる実際の肉体的・精神的ダメージよりも、その先々の心配で頭の中が一杯になってしまいがちです。

 

 

そこで、早く寝よう、なんとか寝ようとするけれど、その思いが強いほどに睡眠は遠ざかっていくのです。

 

 

完全に眠りにとらわれてしまっている状態です。

 

 

“不眠をこじらせてしまっている” のだと言えますね。

 

 

不眠との上手な付き合い方

不眠症について調べている時に出会った本のなかに、ある精神科のお医者さんの、こんな言葉が書いてありました。

 

 

『睡眠は、少し気まぐれで、天邪鬼な子供のようなものである』

 

 

追いかければ逃げてしまうし、こちらの思い通りにはならない。

 

 

『眠りは、自分の中の小さな子供を上手に寝かしつける作業だとも言える』

 

 

 

 

夜はこれから

 

まだまだ寝ないよ!

 

 

 

 

 

 

子供を寝かしつけようとするときに、効果的なことはなんでしょう?

 

 

いろいろと方法はあると思いますが、私の思いついたのは “習慣化” “儀式化” です。

 

 

トイレに行く ⇒ 歯を磨く ⇒ 布団に入る ⇒ パパに絵本を読んでもらう ⇒ いつのまにかスヤスヤ寝ている

 

 

「あれをやって、これをやって、そしたら寝るんだね」と寝るまでの行動を習慣化することで、自然に入眠できる意識づけをしてしまうということです。

 

このテクニック(?)は大人にも通用すると感じています。

 

 

眠らなきゃいけない!と意識しすぎてとらわれるのではなく、決まった手順を踏みながら、自然と眠りへのリズムを刻むようにする。

 

 

すぐには上手くいかないかもしれません。

 

 

でも何日か繰り返しやってみて、上手く眠れた経験をすると、きっかけをつかめたような気がして「自分もちゃんと眠ることができるんだ」という安心感が生まれるはずです。

 

 

私が実際に効果を感じた方法になります。

 

 

不眠症と戦うのではなく、自分を子供のように寝かしつけてみると、案外スッと眠れるかもしれません^^

 

 

 今売れている不眠症サプリランキング

 

数ある不眠症サプリメントから、「自然素材で安心して飲める」「リピーター人気の高い」ものを厳選して紹介しています。

 

 

快眠成分が吸収されやすいドリンクタイプの不眠対策サプリ。

 

一般的な快眠サプリと比較して、体内吸収率は250%にアップしています。

 

快眠成分「セロトニン」の分泌を助けるトリプトファン・グリシン・クワンソウエキス。

 

そんな天然の睡眠成分を “豊富に” 配合している人気のサプリメントです。

 

場所をとらず携帯性に優れた、粒タイプの【マインドガードDX 粒(タブレット)】もあり。

 

マインドガード(ドリンク)の詳細はこちら

 

マインドガードDX(粒タイプ) の詳細はこちら

 

 

 

安眠成分トリプトファンなどの必須アミノ酸は全部で9種類あり、その全てが含まれているのがクロレラです。

 

潤睡ハーブは、そのクロレラが入っていて、“粒タイプなのに効きやすい” 快眠サプリとなっています。

 

この種のサプリメントには珍しく、10日間の返金保証付き。

 

購入リスクが最小限なのも選ばれている理由です。

 

潤睡ハーブの詳細はこちら

 

 

大手製薬会社が「睡眠薬いらず」を目指して研究開発したことで話題の不眠改善サプリ。

 

対ストレス性作用のあるアスパラガスから抽出したリラックス成分は要注目!

 

独自の成分配合で、より高い睡眠効果を実現している製品です。

 

北の大地の夢しずくの詳細はこちら

 

 

快眠素材クワンソウをベースにしながら、スーパーポリフェノールと呼ばれるレスベラトロールを配合。

 

疲労回復効果のあるレスベラトロールならではの、休息サポートと回復サポートが同時に受けられるのが特徴です。

 

「疲れているのに眠れない」「いくら寝ても疲れが取れない」という人にはオススメですよ。

 

ネ・ムーン プラスの詳細はこちら

 

 

 

 

 

人気の快眠サプリを徹底レビュー!

 

 

 

 


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧