牛乳を飲むと眠りやすくなるというのはウソ?ホント?

牛乳を飲むと眠りやすくなるというのはウソ?ホント?

 

 

「ホットミルクを飲むと寝つきが良くなる」

 

 

寝る前に暖かい牛乳を飲むことで、入眠しやすくなるというのはよく耳にする話ですね。

 

 

あなたも子供の頃の眠れない夜には、お母さんにホットミルクを作ってもらった記憶があるかもしれません。

 

 

牛乳には安眠効果があるというのは事実のようです。

 

 

心を落ち着かせて眠りへと誘う働きをするセロトニンは、アミノ酸の一種トリプトファンから合成される伝達物質です。

 

 

そのトリプトファンが多く含まれる食物には、ナッツ類や牛乳、チーズなどの乳製品などがあります。

 

 

トリプトファンが豊富なだけでなく、牛乳を飲むと適度な満腹作用もあるので、さらに眠りやすくなるという効果も期待できるんですね。

 

 

また、消化のいい暖かい牛乳をお腹に入れることで、興奮が鎮まる作用もあるといいます。

 

 

不眠症を健康的に解消するなら、寝る前にはお酒ではなく牛乳を飲むことが最適だということです。

 

 

 

一杯の水も大切

 

そして、安眠作用があるわけではないものの、寝る前に飲む一杯の水が健康に与える影響は大きいと言われています。

 

 

 

「寝ている間には多量の汗をかいている」と言われますが、これは睡眠をとると脳(大脳皮質)も休むことになり、その抑制が解けて汗腺の活動が活発になることで起こるものです。

 

 

体内の水分が減ってしまうと、血液中の水分も減ることになり、血液の粘性が大きくなります。

 

 

特に朝方などは眠りが浅くなってきて、自律神経の乱れが起こりやすい時間帯です。

 

 

そのようなときに、血液の粘性が大きな状態で血圧が上がったり、血流の激しい増減が起こったりすれば、健康上好ましくありません。

 

 

冷たい水を飲むことで、心の鎮静作用も期待できます。

 

 

“眠る前に一杯の水” を心がけることで、より体のために良い睡眠を取れるようになるでしょう。

 

 

 

 

今売れている不眠症サプリランキング!

人気の快眠サプリを徹底レビュー!

 

 


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧