睡眠とコーヒーの関係 不眠症にカフェインの刺激は強すぎる!

睡眠とコーヒーの関係 不眠症にカフェインの刺激は強すぎる!

 

 

 

眠気覚ましにコーヒーを飲む

 

 

30代の男性なら、一杯のコーヒーで出勤前に気合を入れることもあるのではないでしょうか?

 

 

うちの会社にも、カフェイン中毒かっ!と思うくらい、ガバガバとコーヒー飲む同僚がいますが(^^;

 

 

コーヒーに含まれるカフェインに覚醒作用があることは、よく知られていますね。

 

 

カフェインには神経細胞の中のカルシウムの濃度を高めて、その作用で神経細胞の興奮を高める効果があります。

 

 

人によっては、その効果をまるで感じないこともあるようですが、敏感な人なら、その作用時間は20時間以上にも及ぶとされています。

 

 

そんな眠気覚ましに最適とも言えるコーヒーなだけに、不眠症の人が飲む時には注意が必要です。

 

 

 

午後〜夜のコーヒーは厳禁!

 

不眠症の人は、特にカフェインに過敏な状態にあると言えます。

 

 

コーヒーを飲んでから、少なくとも半日は影響が出ると考えたほうが賢明です。

 

 

そうすると、午前中に飲むのが精一杯のリミットとなりますから、午後のコーヒーブレイクは厳禁!ということになりますね。

 

 

コーヒー好きには辛いかと思いますが、不眠症の改善が見られるまでは我慢です。

 

 

 

カフェイン豊富な飲み物といえば、緑茶もそのひとつ。

 

 

お茶で一服・・・も、昼前までにしておきましょう。

 

 

最近聞いた話では、カフェイン含有量が最強なのは「玉露」だそうです。

 

 

ちなみに寝る前に飲むドリンクとしては、温めた牛乳がおすすめになります。

 

 

 

 

今売れている不眠症サプリランキング!

人気の快眠サプリを徹底レビュー!

 

 

 

 


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧