不眠症改善には睡眠環境も大切【温度・湿度・光・音】

不眠症の改善には睡眠環境も大切【温度・湿度・光・音】

 

 

“眠りやすい環境作りが大切”

 

 

 

眠れない夜が続いているときには、睡眠環境を整えてみるといいかもしれません。

 

 

特に、寝付きが悪いことに悩んでいるなら、てきめんな効果を発揮してくれることもあります。

 

 

入眠に影響しやすい要素には、温度・湿度・光・音があります。

 

 

一般的に睡眠に入るときに適した状況があるので、それについて説明していきます。

 

 

 

寝るのに最適な温度と湿度

 

寒すぎても暑すぎても、快眠の妨げになります。

 

 

ベッドルームの温度にも気を配ってみてください。

 

 

眠りに入るときの最適な部屋の温度は28度とされています。

 

 

その室温に調整することで、睡眠中の布団の中の温度が、眠りやすい32〜35度前後で安定するということです。

 

 

ただ、私もそうですが、室温28度というのは暑すぎる!と感じる人も多いでしょう。。。

 

 

特に夏はツラそうですよね(^^;

 

 

なので、温度については個人個人で、寝るのに最適な温度に調整していけばいいと思います。

 

 

「室温次第で眠りにつきやすくなる」ということを知っておくだけでも役立つはずです。

 

 

 

次に湿度ですが、理想的なのは50〜60%とされているようです。

 

 

乾燥しすぎは鼻やのどを痛めそうですし、ムシムシしていても眠りにくいと思います。

 

 

湿度50〜60%というのは、確かに寝るのに最適かもしれませんね。

 

 

寝室のエアコンを利用して、温度・湿度を眠りにベストな状態に整えてみてください。

 

 

 

光をコントロールして快適な目覚めを

 

睡眠の質を左右する要素「光」

 

 

これは電気の光と太陽の光の両方を指しています。

 

 

入眠時と睡眠中は光のない状態、つまり暗闇が最適だと言われているようです。

 

 

私も真っ暗なほうが眠りやすいですが、これも個人差があるでしょう。

 

 

真っ暗だと逆に不安で眠れないという人もいるでしょうから、ほのかに灯るルームランプなどで調整してもいいと思います。

 

 

 

朝の目覚めが悪い、という人には、寝る前にカーテンを開けておくというのもオススメです。

 

 

朝日の光が窓から入ってくることで、脳を自然に覚醒させることができます

 

 

逆に目覚めが早くて困っているという人なら、太陽光は遮断してしてしまったほうがいいでしょうね。

 

 

 

騒音対策が必要なことも

 

心と身体がリラックスしていないと、良い睡眠は得られません。

 

 

実際、できるだけ静かな環境のほうが心が安定しますし、よく眠れますよね。

 

 

良眠のためには騒音のない環境作りが大切になります。

 

 

 

ただ、自宅の中のことなら自分で調整できますが、避けられない騒音もありますよね。

 

 

近所に騒がしい家族が住んでいたり、近くの道路を走る車の音がうるさかったり。。。

 

 

それから、夜勤などで昼間に寝ることが多い人なら、近所の子供が遊ぶ声や、工事の音が気になってしまうかもしれません。

 

 

そんなときの対策としては、窓を二重サッシやペアガラスに変えることを考えてみてもいいでしょう。

 

 

ほかにも私が知り合いから聞いたところでは、防音カーテンが効果があって良かったとのこと。

 

 

減音効果が80%という商品もあるようですから、試してみる価値はあるかもしれませんね。

 

 

「自宅が賃貸で窓の改良が難しい」という場合にも使える方法になります。

 

 

 

音楽がないと眠れない人には・・・

逆に「音楽を聴きながらでないと寝付けない」という人もいるかと思います。

 

 

ヒーリングミュージックや静かなクラシック音楽などが入眠には向いている気もしますが、そのへんはお好みで。

 

 

イヤホンをつけて聞くのなら、個人的にはipodよりもソニーのウォークマンがオススメです。

 

 

ウォークマンにはタイマー機能がついているので、せっかく寝たのに鳴り続ける音楽のせいで目が覚めた、という失敗の可能性を少なくできます。

 

 

 

環境改善がストレス軽減にもつながる

 

不眠症の原因に生活環境は大きく関わっているといいます。

 

 

特にストレスを溜め込むのは睡眠の大敵です。

 

 

今回あげた4つの要素は自分で調整可能で、ストレスを軽くするのにも役立ちます。

 

 

不眠で悩まされているのなら、ぜひ良い睡眠環境を作っていってください。

 

 

 

 

 

今売れている不眠症サプリランキング!

人気の快眠サプリを徹底レビュー!

 


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧