不眠の症状は仮面うつ病のサインかもしれない

不眠の症状は仮面うつ病のサインかもしれない

 

 

 

仮面うつ病って聞いたことありますか?

 

 

私はごく最近知ったのですが、れっきとした病名らしいです。

 

 

私はてっきり “うつ病を偽ってる人” のことか?と思ってました(´ε`;)

 

 

仮面うつ病とは『軽度のうつ病で、身体症状が前面に現れる病気』のことだといいます。

 

 

一般的なうつ病の症状は、精神面、心の面に現れやすいものです。

 

  • 気分が重く、沈みがち
  •  

  • なんでもかんでもマイナス思考で考えてしまう
  •  

  • とにかくやる気ゼロ

 

こんな症状が出やすいうつ病は、心にダメージを与える病気として知られています。

 

 

一方、仮面うつ病は、その症状が身体面に現れやすいという特徴を持っています。

 

  • 仕事などに集中できない
  •  

  • ダイエットもしてないのに体重が減った
  •  

  • 頭が重い
  •  

  • 性欲が衰えてきた
  •  

  • 寝つきが悪い
  •  

  • だるくて朝起きられない
  •  

  • 眠りが浅くなった

 

仮面うつ病の主な症状は以上の通り。

 

 

下の3つは眠りについての症状ですね。

 

 

つまり、仮面うつ病は睡眠障害・不眠症にも関係している病気だということです。

 

>>不眠症とうつ病の関係性

 

 

 

仮面うつ病は気づきにくい

 

 

睡眠障害との関連も心配される仮面うつ病は、うつ病と同じく病気なわけです。

 

 

つまり治療や体質改善して治す必要があるわけですが、大きな問題が立ちはだかっています。

 

 

それは “病気だと気づきにくい” ということ。

 

 

すでに書いた主な症状からもわかりますが、私たちが考えているうつ病の症状とは違いますよね。

 

 

疲れが溜まっているときの様子にも見れますし、風邪などの他の病気の症状だとも思えてしまいます。

 

 

そんなことから患っている自分自身も、周囲の人たちも、うつ病だとは気づけない可能性が高いのです。

 

 

これがこの病気のやっかいなところ。

 

病気を見過ごし放置して、どんどん悪化してしまう可能性もあるのです

 

 

 

30代の男性は要注意!

 

そんな仮面うつ病が発症しやすいのが、30代の働く男性だといわれています。 

 

 

働き盛りのビジネスマンの間で急増している病気だということです。

 

  • 仕事に妥協なく自分一人で頑張ってしまう人
  • 上司や同僚からの評価が気になる真面目な人

 

こんな人は気づかないうちにストレスを溜め込みやすく、心に負担がかかりやすい傾向があります。

 

 

 

また「この俺が心の病気になんてなるわけがない!」と思っている人ほど、うつ病に気がつかないものです。

 

 

仮面うつ病の初期症状には「日中に眠くて仕方なくなる」というものがあります。

 

 

もしも明らかに睡眠不足ではないのに、そんな状態が続くときには、この病気の可能性を疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

 

 

仮面うつ病に睡眠薬は効かない

 

不眠の症状が出ることもある仮面うつ病ですが、睡眠薬を飲んだところで改善はしないことがわかっています。

 

 

薬を飲んで、一時的に眠ることはできるかもしれませんが、症状が良くなることはないのです。

 

 

眠れない原因が病気にあることを自覚して、根本的な対処をしていく必要があります。

 

 

まずはストレスを減らすように心がけて生活する。

 

 

それから質の良い睡眠を取り戻すには、自然の成分でできた不眠症サプリも効果があります。

 

 

私も以前、うつ病に近い状態にあったのですが、不眠症サプリに救われました

 

 

睡眠薬のように副作用を心配せずに飲めますから、安心感が違いますよ。

 

 

 

 

今売れている不眠症サプリランキング!

人気の快眠サプリを徹底レビュー!

 

 

 

 


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧