不眠症とうつ病の関係性 症状が似通っているため要注意!

不眠症とうつ病の関係性 症状が似通っているため要注意!

 

 

不眠症に陥る原因はいろいろとありますが、ストレスや不安などの精神的な要因が思い当たる人が多いのではないでしょうか?

 

 

30代男性は働き盛りと言われると同時に、勤め先での責任が重くなったり、部下ができたりして精神的プレッシャーを感じやすい時期になるのではないかと思います。

 

 

私のように転職する人もいるでしょうし、結婚したり子供が生まれたりと生活環境が大きく転換して、環境の変化に対応しきれずに心の状態が不安定になってしまうこともあるでしょう。

 

 

「日本人の5人に1人が不眠症」だとも言われる時代です。

 

 

それくらい不眠の悩みは身近なものになってきていると言えますね。

 

今売れている!不眠症サプリランキング

 

 

その不眠症にかかったときに、私が疑ったのが「眠れないのは、自分がうつ病だからじゃないのか!?」ということでした。

 

 

とある本を読んで「うつ病と不眠症の症状はとても似ている」という事実を知ったことも、この考えに拍車を掛けたことは間違いありません。

 

 

医師の診断を受けた結果、私は幸いうつ病ではなかったので一度は安心したものの、医師の次の言葉で凍りつく思いをしました。

 

 

「不眠症が続くと、それが引き金となって、うつ病になる可能性がある」

 

 

 

不眠症が引き起こすうつ病

 

 

不眠症の悩みは深いです。つらいです。そのことは間違いのない事実。

 

 

ただ、不眠症と言われるより、うつ病だと診断されてしまうことのほうが、私にとってはショックなことでした。

 

 

いずれそうなるかも、という危険性を医師から示唆されたときの不安感は、私にとってかなり重大なものでした。

 

 

その医師の言葉のせいで、うつになりそうな、そんな勢いです(シャレにならない)。

 

 

不眠症とうつ病の症状が非常に似ているということ

不眠症とうつ病の関係性は、とても深いとされています。

 

 

お互いの症状は非常に似通っていることで知られています。

 

  • 疲労がたまりやすく、常に疲れている
  •  

  • イライラしやすい
  •  

  • 何をしても楽しくない
  •  

  • 集中できなくなる
  •  

  • 思考力・記憶力が低下する
  •  

  • 人との関わりが面倒になる
  •  

  • 些細なことで攻撃的になる
  •  

  • 自信が持てない

 

あまりに症状が似ているせいで、誤診されてしまうこともあると言います。

 

 

うつ病もまた、その原因がはっきりと特定できない病気です。

 

 

精神的な影響で不眠症が起こるのならば、その不眠症が原因となって、うつ病が引き起こされても不思議はありません。

 

 

まだ不眠で済んでいるうちに!

 

私も経験しましたが、眠れない日々が続くと、精神的なストレスが蓄積していきます。

 

 

不安感に押しつぶされそうになり、あらゆることを後ろ向きに考える、そんな思考に陥ってしまいがちです。

 

 

その様子を今思い返しても、うつ病に極めて近い状態だったのかな・・・と、本当にゾッとする思いです。

 

 

「眠れないというだけで、病院に行くのはちょっと・・・」

 

 

などと言っている場合ではないかもしれません。

 

 

うつ病になってしまえば、いずれ働けなくなり、家族を路頭に迷わすことにもなりかねませんよね?

 

 

病院に行く、不眠改善サプリメントを試してみるなど、今だから間に合う対処法があるはずです。

 

不眠症は何科の病院で診てもらう?

 

 

 

 

今売れている不眠症サプリランキング!

人気の快眠サプリを徹底レビュー!

 

 

 


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧