中途覚醒してしまう原因と症状、そして対策法は?

中途覚醒してしまう原因と症状、そして対策法は?

 

不眠症状のひとつ「中途覚醒」とは、その名の通り「睡眠の途中で何度もめざめてしまうこと」です。

 

 

熟睡感が得られないために、身体と精神の両方に悪影響が出てしまいます。

 

 

中途覚醒は特に中高年男性に多いと言われているようです。

 

 

翌日の仕事中に眠気が出るなど、30代の男性にとってはなんとか改善したい不眠症状になるでしょう。

 

 

人間関係のストレスや環境の変化、それからうつ病もその原因となるようです。

 

 

目が覚めてしまうきっかけとしては以下の3点が挙げられます。

 

 

夢で目が覚める

 

夢でうなされて。。。というのがこのパターンです。

 

 

全く意味不明の夢のこともあれば、前日の仕事の失敗がきっかけになったり、近い将来に起こりうる不安が予知夢のように現れることもあります。

 

 

夢を見るのはレム睡眠(浅い睡眠)のときだとされているので、毎晩頻繁に夢にうなされているなら深い睡眠の割合が減ってきているのかもしれません。

 

>>レム睡眠とノンレム睡眠について

 

 

身体がビクッとして目が覚める

寝ている最中に突然身体がビクッと動いて、驚いて目が覚めたことがあるかもしれません。

 

 

この現象は特に脚の筋肉がふいに動くことで起こりやすいとされています。

 

 

筋肉がピクピクと動き続けて眠れない、というケースもあるようです。

 

 

睡眠時周期性四肢運動障害(睡眠時ミオクローヌス症候群)を患っている可能性もありますが、その原因はまだ解明されていないとのことです。

 

 

尿意で目が覚める

高齢者に多いパターンなので、30代の男性であれば、このケースが見られることは少ないでしょう。

 

 

ただし、この症状が出ているときは泌尿器系の病気の可能性があります。

 

 

前立腺肥大・尿路感染症などが疑われますから注意が必要です。

 

 

 

中途覚醒を改善するために

 

中途覚醒は悩ましい不眠症状のひとつで、そのうえ中高年に多いというのがやはり気になるところ。

 

 

男性は30代以降に仕事の責任が重くなり、会社内でのプレッシャーも多くなりがちです。

 

 

また身体的にも、若い頃のような無理が少しずつ効かなくなってきます。

 

 

睡眠中に目覚めることが多くなって「あれっ、なんか調子悪いな」と感じたら、自分の身体と向き合ってみるのも大切なことです。

 

 

私も30代になってから不眠に悩まされましたが、きちんと対処することで症状を改善することができました。

 

 

病院や睡眠薬にお世話になる前に、中途覚醒に効く不眠症サプリランキングなどを利用して自分自身を眠りやすい体質に導いてあげてください。

 

 

 

 

今売れている不眠症サプリランキング!

人気の快眠サプリを徹底レビュー!

 

 

 


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧