熟眠障害が起こる原因とベストな対策法は?

熟眠障害が起こる原因とベストな対策法は?

 

不眠症にはいくつものパターンがあり、その多くが「睡眠時間を十分に取れない」という症状で現れます。

 

 

今回取り上げる「熟眠障害」はあえて言うなら例外。

 

 

“睡眠時間は十分取れている”なのに起こる不眠症状になります。

 

 

 

熟眠障害とは?

 

“夜11から朝7時まで眠れている。だけど、その眠りは浅く、目覚めた時に熟睡感がない”

 

 

熟眠障害の患者さんによくあるのが

 

「うとうとしただけで、ほとんど眠れなかった」

 

「眠っているのか起きているのかわからない」

 

というケースです。

 

 

私はこの状態の経験はないですが、これはなかなかキツイでしょうね(´ε`;)

 

 

眠りにつく前のうとうと感は気持ちのいいものですが、8時間もずっとその状態なのは逆に疲れてしまいそうです。。。

 

 

熟眠障害はノンレム睡眠(深い睡眠)や徐波睡眠(最も深い眠り)が減少してしまうことで、起こりやすいとされている症状です。

 

 

眠りが浅いため、よく夢を見るようになることもあるといいます。

 

 

比較的若い世代に多い不眠症だそうです。

 

 

 

熟眠障害になったときの対策は?

 

熟眠障害は睡眠自体はできているため、対処するほどではないと感じている人も多いとのこと。

 

 

ですが、自然に改善されるものではないため、放置するといつまでも症状に悩まされることになります。

 

 

眠りが浅い、つまりレム睡眠の比率が増えているのが熟眠障害の原因です。

 

 

深い眠りと浅い眠りがほどよいバランスにならないと、質の良い睡眠にはなりません。

 

 

睡眠時間は取れているのですから、その質を高めていきたいところですね。

 

 

そのために、まずは睡眠環境を見直してみましょう。

 

 

快眠を邪魔する要素が寝室にないか?をこちらの記事を参考に確認してみてください。

 

>>不眠症 改善には睡眠環境も大切【温度・湿度・光・音】

 

 

そして、よりリラックスできるような成分を摂り入れることも安眠につながります。

 

 

セロトニンは睡眠や情緒の安定に欠かせない成分。

 

 

体内のセロトニンは朝日を浴びることで増やすことができ、不眠症サプリを利用することで、より効率的に摂り入れることができます。

 

 

 

 

今売れている不眠症サプリランキング!

人気の快眠サプリを徹底レビュー!

 

 

 


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧