携帯電話やパソコンが不眠症の原因になる理由

携帯電話やパソコンが不眠症の原因になる理由

 

 

 

不眠の改善には、眠りやすくなるライフスタイルに変えていくことも大切です。

 

 

ただ、普通に生活しているだけのつもりなのに、眠りを妨げている習慣というのもあります。

 

 

それが私たちが日常的に使っている携帯電話やパソコン、テレビ、ゲームなどです。

 

 

あなたが今まさに覗きこんでいるそれですね!

 

 

これらが眠りに悪影響を与えるのには、主に二つの理由があって、ひとつは「明るさ」、もう一つは「電磁波」です。

 

今売れている!不眠症サプリランキング

 

 

 

明るさが睡眠に与える影響

 

太陽光など自然なものでない光は、その明るさが人間の交感神経を優位にさせて、寝つきを悪くしてしまいます

 

 

電気の明るさが眠りを妨げるのなら、テレビなどだけじゃなく照明器具の明かりもよくないのでは?と思うかもしれませんね。

 

 

それも正解です。

 

 

実際に部屋の明かりをつけているだけで、昼間の時間を伸ばしているのと同じ影響を人間の体は受けるといいます。

 

 

光の刺激は体内時計を遅らせることになりますし、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を弱めることにもなってしまいます。

 

 

天井にある照明をジッと見つめることはあまりないかもしれませんが、携帯電話やテレビの画面はどうでしょうか?

 

 

メールや動画を見たり、番組に集中したりと、目が釘付けになることも多いはず

 

 

体内時計は脳の中の視交叉上核というところにあり、視覚中枢につながる神経のすぐそばだとされています。

 

 

そのため目が受け取る光の強さを、敏感に受け取り影響を受けやすいということなんです。

 

 

 

電磁波が睡眠に与える影響

 

携帯電話やパソコン、テレビの液晶モニターは、かなり強い電磁波を発していると言われています。

 

 

最近はニュースなどで「電磁波を浴びすぎると体に良くない」とよく言っていますから、心配になったこともあるかもしれませんね。

 

 

電磁波が原因でさまざまな体調不良が引き起こされる「電磁波過敏症」が報告される機会も、近頃は増えているといいます。

 

 

非常に弱い電磁波を浴びただけで目や皮膚、神経に症状が表れたり、頭痛や吐き気を感じる人もいることです。

 

 

電磁波を浴びることで免疫が低下し、アレルギー反応が出やすくなることから起こる現象だということです。

 

 

 

脳をリラックスさせるのも大切

 

「明るさ」「電磁波」とともに気をつけたいのが、脳がリラックスしないと眠れませんよ?ということです。

 

 

睡眠とは心身の緊張を解いて、眠りに身を委ねる行為です。

 

 

寝る直前までテレビやゲームで興奮していたり、脳をフル回転で動かしていては、スムーズに睡眠に移行するのが難しくなりますよね?

 

 

特に不眠に悩まされている人なら、ベッドに入るせめて30分前からは心と体を静めるための時間にしたいところです。

 

 

「睡眠儀式」の効果は私も感じていますが、寝る直前の時間に落ち着ける音楽を聴いたり、読書したりというのはスっと入眠するのに非常に効果的です。

 

 

仕事やコミュニケーション、娯楽のために必要なこともあるとは思いますが、液晶画面にコントロールされないようにしたいところです。

 

 

今売れている!不眠症サプリランキング

 

 

 

 

今売れている不眠症サプリランキング!

人気の快眠サプリを徹底レビュー!

 

 

 


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧