ツボのマッサージで不眠症対策 手軽にできて効果てきめん!

ツボのマッサージで不眠症対策 手軽にできて効果てきめん!

 

 

不眠症は大変辛いもの。

 

 

寝つきが悪い、眠りが浅くて翌日が辛い・・・・

 

 

そんな方は、実は20代から30代の若い世代が圧倒的に多く、日本人の5人に1人が不眠症だと言われています。

 

 

薬に頼らない不眠対策はいろいろとあるものの、コストゼロのセルフケアとして注目なのがツボ押しマッサージです。

 

 

そこで、誰でも簡単にできる「ツボ」を揉みほぐす対処法をご紹介しましょう。

 

 

 

被災地で鍼・マッサージが大人気に

 

記憶に新しい、2011年の3.11大震災。

 

 

東日本大震災の被災した人々に対して、さまざまなアフターケアが行われていることはご存知かと思います。

 

 

そのケアのひとつがツボ押しで、被災したことの絶望感や将来の不安感や抱えている人たちに、心と体のの安らぎを得てもらうために行われているのです。

 

 

東北大学病院漢方内科では、大学教員と医学生、鍼灸師などが、石巻港からほど近い、中青葉中学校などに逗留していた被災者にマッサージを行っています。

 

 

精神的苦痛からの疲労、腰痛、便秘や不眠などに悩む被災者は、ほとんど全員が処置を受け、マッサージと鍼治療は非常に人気を博しているとのこと。

 

 

鍼灸(鍼治療)では、パイオネックスという簡便な鍼を打つ施術が効果があり、特に人気だといいます。

 

 

そして震災以来不眠症に悩まされていた人たちにも、こういった定期的な処置をすることで、少しでも眠れる効果をもたらすことが立証できたのだそうです。

 

 

 

「せんねん灸」が教える不眠症のツボ(カラダの正面)

 

専門家から受ける鍼灸やマッサージが不眠改善に効果的。

 

 

そして自宅で手軽にケアする方法として、市販のお灸を使うこともできます。

 

 

テレビCMやラジオCMでご存知の「せんねん灸」。

 

 

灸というと、もぐさというヨモギの葉から作られ、それを皮膚上で燃やすことを言います。

 

 

これは、東洋医学の鍼灸や漢方で「血行を良くする=体を温める」意味の処方です。

 

 

鍼灸、お灸もツボが重要なポイントですから、そのツボがどこにあって、どの場所にお灸をすえると効果的なのか?を知っておくことで、より高い効果を得ることができます。

 

 

せんねん灸の説明書きによると、不眠症のツボの場所はまず4カ所あります。

 

 

「両胸の谷間=鳩尾(きゅうび)」、「へそから指4本下=関元(かんげん)」、「両足、内くるぶしの中心から指幅4本上=三陰交(さんいんこう)

 

 

「足の甲、第1指と第2指の骨が交わるところのくぼみの中で、押さえて痛みのあるところ、気持ちのいいところ=太衝(たいしょう)」です。

 

 

 

背中のツボも4ヶ所ある

 

体の裏側、背中にあるツボも見てみましょう。

 

 

まず、「首の後ろ、2本の太いすじの外側にあるくぼみの中、髪の生えぎわを指で押すと痛みがある部分=天柱(てんちゅう)

 

 

「直立し、肘が脇腹にあたる位置と同じ高さの背骨から、左右外側へ指幅2本ずれる部分=腎兪(じんゆ)」、

 

 

「足のつま先からかかとまでの約1/3の場所のくぼみの中=湧泉(ゆうせん)」、「両足のかかとのちょうど真ん中=失眠(しつみん)

 

 

特に湧泉は、足ツボを刺激する器具が置かれている温泉に行くと、必ずと言っていいくらい指定されているくらい有名です。

 

 

湧泉は竹踏み運動でも効果が得られますから、自宅にいながらでも気軽に不眠症解消が期待できます。

 

 

 

大切なのは体内時計を整えること

 

 

不眠の原因は「体内時計」が25時間、つまり1日24時間と1時間のずれがあるためだと言われています。

 

 

そもそも寝るということは古代から、消灯した闇の中に身を置くことが前提です。

 

 

光の中では人はなかなか寝付けません。

 

 

逆に言えば、仕事や人間関係などでどれだけストレスを抱えても、深夜の暗がりの中なら心は安静になりやすいのです。

 

 

そして起床して朝日を浴びることで、体内時間はリセットされますので、普通は不眠はそのまま解消できるはずなのですが・・・。

 

 

ところが朝を迎えても疲れが取れない場合、体内時間がずれたままになっているわけです。

 

 

体内時間がずれてしまう原因はホルモンの過剰分泌

 

 

つまり交感神経を活発にするホルモンが過剰だということ。

 

 

知らず知らずに抱えているストレスや、蓄積した疲労がホルモンバランスを崩してしまうのですね。

 

 

それを揉みほぐすのがツボのマッサージや針灸になります。

 

>>体内時計が狂うと不眠症になりやすい

 

 

いかがでしょうか?

 

 

実は自分のちょっとしたツボを知ることで、不眠の悩みを解決することも可能です。

 

 

ぜひ試して見てください。

 

 

 

 

今売れている不眠症サプリランキング!

人気の快眠サプリを徹底レビュー!


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧