睡眠薬は効かない?なぜ不眠症に薬は効果がないの?

睡眠薬は効かない?なぜ不眠症に薬は効果がないの?

 

 

不眠症に悩まされる日本人は年々増え続けている、と言われています。

 

 

そして実に日本成人の20人に1人が睡眠薬を服用しているという事実(2009年、厚生労働省研究班調べ)もあるのですね。

 

 

ただ薬を飲んだ人全てが不眠を解消できているのかとうと、そうでもないようなのです。

 

 

中にはうつ病や生活習慣病が原因で不眠症になり、睡眠薬では不眠が解消されないケースも増加中だとも言われています。

 

 

そこで気になるのが、不眠症は本当に薬で改善できるのか?ということ。

 

 

今回は不眠症と薬の関係を調べてみましょう。

 

 

 

主な3種類の睡眠薬

 

 

まず日本で処方される代表的な睡眠薬の種類を改めて知っておきましょう。

 

 

ベンゾジアゼピン系睡眠薬

 

現在日本では最も売れている不眠治療薬です。

 

 

約10種類ほど発売されており、「ハルシオン」が有名ですが効き目は数時間しかありません。

 

 

強い催眠作用はあるものの、継続投薬でだんだんと効き目が落ちてくる特徴があります。

 

 

メラトニン受容体作動薬

 

「ロゼレム(一般名ラメルテオン)」に代表される処方薬。

 

 

これは起床から睡眠へのスイッチの役割をするメラトニンというホルモンを受け入れる「メラトニン受容体」を刺激する作用があります。

 

 

眠りのリズムを取り戻すための薬です。

 

 

オレキシン受容体拮抗薬

 

「ベルソムラ」などが知られる睡眠薬です。

 

 

受容体とあるように、オレキシンというホルモンを受け入れること、そして拮抗薬とはそれを「妨害」する、という意味です。

 

 

オレキシンは1998年に日本人が発見し、カラダのエネルギーをたくさん使う物質です。

 

 

オレキシンが分泌されないと、肥満になってしまいます。

 

 

つまり、この薬は「活発に動くオレキシン」の動きを止めて、その結果、覚醒を抑制して眠りにつかせるわけです。

 

 

 

薬に不眠症の改善効果が「あまりない」理由とは?

 

以上で紹介した睡眠薬や睡眠導入剤などと呼ばれる薬は、作用機序(働き方)はそれぞれ違うものの、

 

 

全ては脳の働きの一点に焦点を当てて作用を促す、という目的を持っています。

 

 

ですが、脳は一時的に「騙す」ことはできても、習慣化される場合には副作用も引き起こします。

 

 

つまりいずれは、カラダそのものが騙されてしまうことに発展してしまうのです。

 

 

薬を飲むことでしか寝られないという習慣が付き、それに頼ることでの弊害にはいくつもの種類があります。

 

 

薬とアルコールの相性の悪さ(併用すると、効き目が増幅してしまう)ことや、薬を飲むために様々な生活習慣を変えなければならない、ということになります。

 

 

食べたいものが食べられない、お酒が飲めない、寝る時間が決められる…

 

 

つまり、不眠症解消が目的ではなく、睡眠薬の効果を高めるための生活習慣になるわけで、本末転倒になり結局投薬の意味がなくなってしまうということにもなりかねません。

 

今売れている不眠症サプリNO.1をチェックする!

 

 

 

 

タバコと睡眠薬は似ている

 

 

喫煙者は寝つきの悪い傾向があるとされています。

 

 

そして、いつの時代でも「寝タバコ」で火事、ということがよくあります。

 

 

なぜ寝タバコは無くならないのでしょうか?

 

 

実はこれには睡眠薬と共通する作用が認められているのです。

 

 

タバコにはニコチンが含まれていますが、ニコチンとは、モルヒネやコカインとともに覚醒作用のある「毒物(アルカノイド)」の一種です。

 

 

つまり、幻覚を引き起こすような毒であって、タバコを吸っているうちに自分自身を失って寝てしまうことから、寝タバコがなくならない・・・。

 

 

これが、最も多い寝タバコ火事の原因なのですね。

 

 

不眠症とは、実はこの覚醒状態と同じ領域として、精神科医の治療対象となります。

 

 

脳が深夜でも活動を休めなかったり、精神障害を引き起こすこと=不眠症とされますので、あくまでも「脳の活動を抑える」ための治療が必要になるわけです。

 

 

 

まとめ

 

不眠症対策の薬には、それぞれの効能があるのは確かです。

 

 

ただし副作用や、継続利用で効かなくなる(耐性)の可能性も高いということ。

 

 

そして不眠症の原因が他の病気や精神障害である場合は、薬の効き目はあまり期待できません。

 

 

大切なのは、生活習慣や食事、医師との信頼関係による問診だということなのですね。

 

 

 

 

今売れている不眠症サプリランキング!

人気の快眠サプリを徹底レビュー!


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧