【2017年版】今売れている不眠症サプリランキング

【2017年版】今売れている不眠症サプリランキング

 

数ある不眠症サプリメントから、「自然素材で安心して飲める」「リピーター人気の高い」ものを厳選して紹介しています。

 

 

快眠成分が吸収されやすいドリンクタイプの不眠対策サプリ。

 

一般的な快眠サプリと比較して、体内吸収率は250%にアップしています。

 

快眠成分「セロトニン」の分泌を助けるトリプトファン・グリシン・クワンソウエキス。

 

そんな天然の睡眠成分を “豊富に” 配合している人気のサプリメントです。

 

場所をとらず携帯性に優れた、粒タイプの【マインドガードDX 粒(タブレット)】もあり。

 

マインドガード(ドリンク)の詳細はこちら

 

マインドガードDX(粒タイプ) の詳細はこちら

 

 

 

安眠成分トリプトファンなどの必須アミノ酸は全部で9種類あり、その全てが含まれているのがクロレラです。

 

潤睡ハーブは、そのクロレラが入っていて、“粒タイプなのに効きやすい” 快眠サプリとなっています。

 

この種のサプリメントには珍しく、10日間の返金保証付き。

 

購入リスクが最小限なのも選ばれている理由です。

 

潤睡ハーブの詳細はこちら

 

 

大手製薬会社が「睡眠薬いらず」を目指して研究開発したことで話題の不眠改善サプリ。

 

対ストレス性作用のあるアスパラガスから抽出したリラックス成分は要注目!

 

独自の成分配合で、より高い睡眠効果を実現している製品です。

 

北の大地の夢しずくの詳細はこちら

 

 

快眠素材クワンソウをベースにしながら、スーパーポリフェノールと呼ばれるレスベラトロールを配合。

 

疲労回復効果のあるレスベラトロールならではの、休息サポートと回復サポートが同時に受けられるのが特徴です。

 

「疲れているのに眠れない」「いくら寝ても疲れが取れない」という人にはオススメですよ。

 

ネ・ムーン プラスの詳細はこちら

 

 

 

比較した上でひとつだけ選ぶなら、おすすめはマインドガードDX

 

いろいろな睡眠サプリを見てきて、逆に迷ってしまったかもしれません。

 

今回ご紹介したなかで、ひとつだけおすすめするとしたら断然マインドガードDXです。

 

まず、クワンソウエキス1000mg、グリシン600mgなど、配合量をはっきりさせているのがこのサプリの信頼ポイントになります。

 

また、ドリンクタイプにしたことで吸収率をグーンっとアップ!

 

一般的な快眠サプリと比較して、体内吸収率が250%アップしています。

 

どれだけ有効成分が入っていようと、飲んだ人の体にスムーズに行き渡らなければ十分な効果は見込めません。

 

このあたりにこだわって開発されていることも、マインドガードが長年高評価を得ている理由です。

 

 

 

 

眠れないことに悩んでいる人は多い

 

まずは、「不眠で悩んでいるのはあなただけではないのですよ」と声を大にしてお伝えしたいです。

 

 

統計的には、日本の成人の23%が睡眠に関する健康上の問題になやんでいると言われています。
(健康日本21計画策定検討会報告)

 

 

ストレス社会と言われているなか、実に日本人の5人に1人以上が睡眠に関して悩んでいるのです。

 

 

ですので、もう一度睡眠で悩んでいるのはあなただけではないのですよ。

 

 

人生において睡眠時間というものは3分の1をも占める大切な時間なのです。

 

 

この大切な時間を、本来あるべき状態で過ごす。

 

 

これが、あなたの人生にとってどれだけ有意義なことでしょうか。

 

 

 

睡眠の意味・役目

 

当たり前すぎる話ですが「人はなぜ眠るのか」といったことを考えることはあまりありません。

 

 

不眠の悩みを解消するためのはじめの一歩として、睡眠に関する正しい知識を身につけて、自分の状態を把握してみましょう。

 

 

睡眠の役割の代表的なものは5つに分類できます。

 

睡眠の役割1:心身の疲れをリセット

質の高い睡眠は1日の疲れをリセットしてくれます。

 

 

睡眠によって、大脳の機能は翌朝から正しく働くように自己調整されます。

 

 

睡眠が不足すると大脳の自己調整がうまく働きません。

 

 

これにより

 

・感情のコントロールが効きにくくなる
・全身がだるい
・集中力が欠如する
・頭痛に悩まされる

 

などの障害がでてきます。

 

 

睡眠中は体温が下がりますが、血中の温度も下がりその低温化された血液が脳の中をながれることで、脳の披露が回復するのです。

 

 

睡眠の役割2:成長ホルモンの分泌を促す

作用睡眠中は成長ホルモンが分泌されます。

 

 

寝不足で成長ホルモンが不足すると、体内に老廃物が溜まってしまい血管の詰まりや、肌や頭皮の組織が再生されないなどの様々な障害が生じます。

 

 

成長ホルモンはたっぷり分泌させる必要があるのです。

 

 

睡眠の役割3:甲状腺ホルモンの分泌を促す

作用甲状腺ホルモンは夕方から夜にかけて分泌が増えますが、睡眠不足が続くと通常より多く分泌されちゃいます。

 

 

すると、甲状腺ホルモンのバランスが崩れてしまうのです。

 

 

過剰になると・息切れ・動悸・疲れやすい等不足すると・無気力・脈拍低下等このような症状が起きやすくなります。

 

 

睡眠の役割4免疫力の強化ウイルスが体内に入ると、これを退治するために白血球が刺激されて、免疫活性物質(プロスタグランディン)が増え眠気をもよおします。

 

 

眠りに入ることで免疫力を高めるのです。

 

 

長めの睡眠をとることで免疫力と自然治癒力が高まります。

 

 

睡眠の役割5ストレス物質の除去ストレスを受けた時に分泌されるホルモンは睡眠中に分解されます。

 

 

睡眠不足になると。ストレスホルモンが蓄積されて、ストレスが解消しないまま残ってしますのです。

 

 

このホルモンは自分の身を守るために身体を緊張させて睡眠を抑制させる作用があるのです。

 

 

ですので、蓄積してしまうと十分に睡眠が取れなくなってくるのです。

 

 

以上、睡眠の役割の分類でした。

 

 

「睡眠」が人間にとっていかに重要か理解いただけたと思います。

 

 

すでに書いたように、現代の日本人の5人に1人以上が不眠の状態にに悩んでいます。

 

 

その悩みを少しづつでも解消してくれる、そんな役割を果たすのが、今回紹介した睡眠サプリメントです。

 

>>もう一度、人気の不眠サプリを見てみる

 

 

人気の快眠サプリを徹底レビュー!


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧