眠れないなら知っておきたい不眠症の4つのパターンとは?

眠れないなら知っておきたい不眠症の4つのパターンとは?

 

一言で不眠症と呼んでも、その症状は人によってさまざま。

 

 

不眠症状によって、対処の仕方や治療方法は変わるものですから、自分の不眠パターンを把握しておくことは大切です。

 

 

まずは代表的な4つの不眠パターンを紹介します。

 

 

不眠症の4つの不眠パターン

 

入眠困難

症状:なかなか寝つけない

 

最も典型的な不眠の症状だとされています。

 

不眠症患者の多くが悩まされている症状です。

 

連日、眠るまでに30分以上かかるという場合には、入眠困難が疑われます。

 

もっと詳しい説明はこちら

 

中途覚醒

症状:途中で何度も目が覚める

 

精神的なストレスで起こりやすいとされるのが途中覚醒です。

 

一晩に2回以上目が覚めるという場合に、疑われる症状になります。

 

睡眠中の覚醒は加齢とともに増加する傾向があるため、高齢者の場合は必ずしも当てはまりません。

 

もっと詳しい説明はこちら

 

早期覚醒

症状:まだ起きなくていいのに目が覚める

 

“深い睡眠”(ノンレム睡眠)が終わった段階で目が覚めてしまうのが早期覚醒になります。

 

“浅い睡眠”(レム睡眠)が減っていくため、睡眠時間が短くなる症状です。

 

>>レム睡眠とノンレム睡眠について

 

緊張、高揚した心理状態の時に起こりやすいともされています。

 

もっと詳しい説明はこちら

 

熟眠障害

症状: 眠りが浅く熟睡できない

 

「しっかりと寝た気がしない」「熟睡できない」と感じるのが熟眠障害です。

 

ノンレム睡眠や徐波睡眠(最も深い眠り)が減少してしまうことで、起こりやすいとされている症状です。

 

眠りが浅いため、よく夢を見るようになることもあります。

 

もっと詳しい説明はこちら

 

 

私が不眠症だったころには「入眠困難」と「熟眠障害」、この2つに特に悩まされていました。

 

 

眠れないこと、眠りの質が悪いことで、身体も精神も蝕まれていく気がして、恐ろしかった覚えがあります・・・(>_<)。

 

 

 

自覚症状がなくても不眠症の恐れはある

 

紹介した【4つの不眠パターン】は代表的であるとともに、“自覚しやすい”症状だと言えるものです。

 

 

もろに眠りを妨げられているわけなので、イヤでも「オレって・・・不眠症?」と気づかされるわかりやすい症状だとも言えます。

 

 

より恐ろしいのは、“自覚症状がない”または、ストレスや不安感はあるけれど、それが不眠症につながっているとは思っていないというケースかもしれません。

 

 

 

  • 疲労がたまりやすく、常に疲れている
  •  

  • イライラしやすい
  •  

  • 何をしても楽しくない
  •  

  • 集中できなくなる
  •  

  • 思考力・記憶力が低下する
  •  

  • 人との関わりが面倒になる
  •  

  • 些細なことで攻撃的になる
  •  

  • 自信が持てない

 

これらは、不眠症の患者さんによく見られるとされている症状の数々です。

 

 

心配しすぎはよくないですが・・・。

 

 

これらの症状に心当たりがあって、そのうえで、

 

「最近なんだか上手く眠れてないかも・・・」と感じているなら、不眠症を疑ってみてもいいのかもしれません。

 

 

 

 

今売れている不眠症サプリランキング!

人気の快眠サプリを徹底レビュー!

 

 


トップページ 不眠症サプリランキング 不眠症チェック 睡眠薬について 不眠対策サプリ一覧