睡眠は心身の疲れを癒すだけじゃない!ホルモン分泌を促し免疫力を高める

 

当たり前すぎる話ですが「人はなぜ眠るのか」といったことを考えることはあまりありません。

 

 

不眠の悩みを解消するためのはじめの一歩として、睡眠に関する正しい知識を身につけて、自分の状態を把握してみましょう。

 

 

睡眠の役割の代表的なものは5つに分類できます。

 

 

睡眠の役割1:心身の疲れをリセット

質の高い睡眠は1日の疲れをリセットしてくれます。

 

 

睡眠によって、大脳の機能は翌朝から正しく働くように自己調整されます。

 

 

睡眠が不足すると大脳の自己調整がうまく働きません。

 

 

これにより

 

・感情のコントロールが効きにくくなる
・全身がだるい
・集中力が欠如する
・頭痛に悩まされる

 

などの障害がでてきます。

 

 

睡眠中は体温が下がりますが、血中の温度も下がりその低温化された血液が脳の中をながれることで、脳の披露が回復するのです。

 

 

睡眠の役割2:成長ホルモンの分泌を促す

作用睡眠中は成長ホルモンが分泌されます。

 

 

寝不足で成長ホルモンが不足すると、体内に老廃物が溜まってしまい血管の詰まりや、肌や頭皮の組織が再生されないなどの様々な障害が生じます。

 

 

成長ホルモンはたっぷり分泌させる必要があるのです。

 

 

睡眠の役割3:甲状腺ホルモンの分泌を促す

作用甲状腺ホルモンは夕方から夜にかけて分泌が増えますが、睡眠不足が続くと通常より多く分泌されちゃいます。

 

 

すると、甲状腺ホルモンのバランスが崩れてしまうのです。

 

 

過剰になると・息切れ・動悸・疲れやすい等不足すると・無気力・脈拍低下等このような症状が起きやすくなります。

 

 

睡眠の役割4:免疫力の強化

ウイルスが体内に入ると、これを退治するために白血球が刺激されて、免疫活性物質(プロスタグランディン)が増え眠気をもよおします。

 

 

眠りに入ることで免疫力を高めるのです。

 

 

長めの睡眠をとることで免疫力と自然治癒力が高まります。

 

 

睡眠の役割5:ストレス物質の除去

ストレスを受けた時に分泌されるホルモンは睡眠中に分解されます。

 

 

睡眠不足になると。ストレスホルモンが蓄積されて、ストレスが解消しないまま残ってしますのです。

 

 

このホルモンは自分の身を守るために身体を緊張させて睡眠を抑制させる作用があるのです。

 

 

ですので、蓄積してしまうと十分に睡眠が取れなくなってくるのです。

 

 

 

 

 

以上、睡眠の役割の分類でした。

 

 

「睡眠」が人間にとっていかに重要か理解いただけたと思います。

 

 

 

眠れないことに悩んでいる人は多い

 

まずは、「不眠で悩んでいるのはあなただけではないのですよ」と声を大にしてお伝えしたいです。

 

 

統計的には、日本の成人の23%が睡眠に関する健康上の問題になやんでいると言われています。
(健康日本21計画策定検討会報告)

 

 

ストレス社会と言われているなか、実に日本人の5人に1人以上が睡眠に関して悩んでいるのです。

 

 

ですので、もう一度睡眠で悩んでいるのはあなただけではないのですよ。

 

 

人生において睡眠時間というものは3分の1をも占める大切な時間なのです。

 

 

この大切な時間を、本来あるべき状態で過ごす。

 

 

これが、あなたの人生にとってどれだけ有意義なことでしょうか。

 

 

すでに書いたように、現代の日本人の5人に1人以上が不眠の状態にに悩んでいます。

 

 

その悩みを少しづつでも解消してくれる、そんな役割を果たすのが不眠症対策サプリメントです。

 

 

↓早くちゃんと眠れるようになりたい人はチェック!↓

 

 

人気の快眠サプリを徹底レビュー!